ヴァスーラ・リデンはエジプト生まれの、ギリシア正教会に属するギリシア人です。夫の転勤にともない、その人生のほとんどを第三世界各国で過ごしてきました。1985年、思いがけず、神が彼女にご自分の姿を現されるのですが、彼女はまさかそんなことが自分に起こるとは想像すらしていませんでした。それは、彼女が家族とともにバングラディッシュに住んでいた時のことです。これが、神秘的なコミュニケーションの始まりでした。それが今日まで続いているのです。神が、彼女に霊感を与え、彼女に「英知の御言葉」をあらわし、書き取らせます。彼女がそれを神の民に広め、彼らが神の御意志を知ることができるように。

このような方法により神の言葉を受け取るという恵みは、「預言」と呼ばれます。ヴァスーラは、それまで一度も公教要理の教育を受けたことがなく、神学的な養成も受けたことがなかったにもかかわらず、神は彼女を呼び、彼女にすべてを教えました。神は彼女にこうおっしゃったことがあります。「私は白紙のカンバスとしてあなたを選んだ。私の作品だけでそれを満たすために。その作品を私は『神のうちの真のいのち』と名付けるだろう。」1987年6月10日)「神のうちの真のいのち」という神からのメッセージは、神と平和を築くことへの緊急の呼びかけであり、悔い改めを通して私たちの生活を改めることへの緊急の呼びかけでもあります。メッセージは、和解、愛、一致への呼びかけなのです。

はじめのころ、神はヴァスーラに「声の大きな本のようになりなさい。それも、至高なるものによって書かれた本に」と言われました。さかのぼって1986年に、神はすでにこれらのメッセージがご自身の助けによって世界中に広まることを予告していました。そして、そのとおりになったのです。1988年以来、ヴァスーラは85以上の国々に招待され講話をしています。彼女が人前で話した回数は1000回以上にものぼります。これらすべての使徒的な活動において、ヴァスーラは一銭も、印税、謝礼、彼女の努力に対する報酬を受け取っていません。現在のところ、『神のうちの真のいのち』の本はボランティアによって42か国語以上に翻訳されています。

複数の著名な神学者や司祭たちが、強い興味を持ってメッセージを研究しました。その結果、メッセージは聖書や教会の伝統にのっとっているだけでなく、聖書や神の本質についてより深い洞察を与えてくれるものだと言っています。彼らはヴァスーラの事例を検証し、本にも書いて、メッセージの信憑性と、それが神に由来したものだということを証明しています。

 

預言

これまで何年もかけて、私たちの主は、繰り返ししるしや忠告を与えることによって、私たちすべてのうちに真の知性を呼び覚まそうとしてこられました。そして、今もなお、呼び覚まそうとされています。聖書を通して過去に言われたことをもう一度思い起こさせようとされています。聖書の中では、聖なる預言者たちを通して、またご自身の掟によって、それらは言われていました。神はご自分の御名が傷つけられるのをいつまでもおゆるしにはなりません。それゆえに、神は繰り返し私たちに警告されてきたのです。神なしで生きている世界は、その背教のせいで自己破壊しているということ。そして、神の聖なる正義が彼らの上にくだされるということを。ワールドトレードセンターの破壊2004年の津波ロシアにおける共産主義の崩壊というような預言、その他多くの預言がヴァスーラに与えられ、それらはすべて現実のものとなりました。もし世界がこのまま悔い改めず、教会が神の呼びかけ、すなわち和解と一致、それも多様性における一致を求める神の呼びかけに耳をふさいだままならば、火による大いなる罰が世界にくだるでしょう。「耳のあるものは聞きなさい。聞きたくないものは聞かないでよろしい」これは、神が、この世代と全教会に伝えてほしいとヴァスーラに言われた言葉です。

 

貧しい人々への施し

聖書の中には、行いが伴わないなら、信仰はそれだけでは死んだものだ、と書かれています。ヴァスーラはヴィジョンの中で聖母マリアと出会い、貧しい人々に手を差し伸べるよう聖母から依頼されました。また、貧しい人々にとっては霊的な糧だけでは十分ではないので、彼らに食べ物を与えるよう頼まれました。それからというもの、「ベス・ミリアム」(マリアの家という意味)と呼ばれるいくつもの家が、貧しい人々に施しをするために機能し始めました。中には、貧しい子どもたちのための学校をもつまでに発展した家もあります。ベス・ミリアムは現在、世界中で活動しています。